てげ

てげ

幅広く70点を積み重ねて生きていく。てげてげにね。

DMM VRが再生できない!|DMMVR動画を見る用のスマホを探してみた

f:id:kzmsa:20170306014150j:plain

下記内容について追記してあります。

追記1(3月29日)Nexus5での動作について

追記2(8月22日)Xperia XZでの動作について

この記事ではDMMVR動画アプリが動きそうな機種を紹介しています。中古市場での取引を前提としていることで中古品特有の不具合、また端末とアプリとの相性もあり動作を完全に保証するものではありません。

正確な情報記載を心がけてはいますが、購入する際にはご自分でしっかり確認の上で買って下さい。

2016年はVR元年と言われています。

ヘッドマウントディスプレイと呼ばれるメガネのようなデバイスを装着すると、まるでその映像が目の前にあるかのように見ることができます。

ただヘッドマウントディスプレイは高額で家でちょっと使う分にはなかなか手がだせるものではありません。

なので僕を含めて多くの人はスマホをVRメガネにセットしてスマホのアプリで見ていることと思います。

 Amazonでさがすとたくさん出てきます。僕が使っているVRメガネはこれです。

ちなみにVRメガネの中にスマホを入れてしまうと画面にタッチして操作ができなくなるので、このようなリモコンがあると便利です

追記:

便利かな?と思って買ったんですけどイマイチ使いづらいです。

カーソルを狙ったところに合わせるのが難しいのと、操作を一定時間しないでいるとBluetoothが切れてしまうのが邪魔くさいですね。

でもこれがないと操作をするたびにスマホゴーグルからいちいちスマホを取り出すという手間が必要になるので、悩みどころです。

解決策を模索中であります。

ただ、パソコンのマウス代わりにも使えるので、寝転がってパソコンでAmazonプライムの映画を見る時は便利です。

追記ここまで

これは実際僕が使っているものでとても安いのですが、ついてくる説明書は英語と中国語になるのであまりあてになりません。

レビューに詳しい使い方を解説してくださってる方がいるので、そちらを読んで使えそうなら購入を考えても良いと思います。

YouTubeでVRと検索するとジェットコースターに乗ったかのようなスリルのある映像など本当におもしろいものを見ることができます。

VRにどんどんハマっていった僕ですが、最近ちょっと困ったことになりました。

DMMのVR動画アプリが使えない

DMMは日本で最も大きなVR動画配信サイトと言っても過言ではありません。

DMMで配信されているVR動画を見るにはDMM専用のアプリを使う必要があります。

しかし、僕のスマホはそのアプリの要求スペックを残念ながら満たしていませんでした。

DMM VRアプリの要求スペック

iOSデバイス
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • 対応OS (ソフトウエアのバージョン) iOS8以上
Androidデバイス

f:id:kzmsa:20170306024121p:plain

引用:DMM.com 動画 [動作環境・対応デバイス]

簡単に言うと、iPhoneならiPhone5とiPhone5cはだめで、Androidだと最近の格安シム向けの比較的安いシムフリー機種はこの条件を満たしていない可能性が高いです。

実際僕のAndroidはg03という機種なのですが、サンプル動画の再生ができませんでした。(再生ボタンを押してもすぐに動画選択画面に戻ってしまう。)

噂によると機種の採用しているCPUなどの数値を判断して、要求スペックをみたしていないとそれだけで弾いてしまうそうです。(あくまで噂)

対応している機種を探す

最新機種に機種変更すればすむ話なのですが、現状今のスマホで全く困っていないのでVR動画を見るためだけに新しく高額な機種を買う気にはなれません。

ですので上記スペックを満たす白ロム(もしくは赤ロムでも可)を極力安くで探すことにしました。

今回はWi-Fi運用でVR動画を見るためのみの機種を探します。

つまり家の中でおもちゃとして使えるもの探しです。

白ロムである理由

白ロムとは過去にドコモ・AU・ソフトバンク・ワイモバイルで販売された機種の中古のことです。

上記携帯4キャリアで販売された機種の中古はその値段のわりにハイスペックであるものが多いのです。

Snapdragon800というCPUは数年前の最高スペック機種が軒並み採用していたものなので、これを採用しているシムフリー機種を探そうとすると今現在でもかなり高価になります。

なので数年前の人気のない、もしくは訳ありハイスペック機種を選ぶのが今回は妥当なような気がします。

格安シム(MVNO)で使えないもの

さらに安さを求めるなら、今流行の格安シムに転用できない(もしくは転用しにくい)ものを探すのが良いです。

  • 格安シムに使えるスマホの主流はドコモ製
  • シムロック解除義務化が2015年5月以降のスマホ

であることを考えると、2014年までのauかソフトバンクかワイモバイルがよさげです。(実際はソフトバンクの白ロムは今回の目的では利用がむずかしかったです)

Snapdragon800

ウィキペディアによるとSnapdragon800シリーズは2013年1月7日発売だそうです。

ちなみにこれが採用されている一番古いXperiaは2013年冬モデルのXperiaZ1からなので、ここらへんも手がかりになりそう。

探す方向性

以上のことを考慮すると今回探す白ロムは

  • ドコモ製だが人気のない白ロム
  • au製の白ロム
  • ソフトバンク製のiPhone
  • ワイモバイル製のnexus5
  • 上記2013年か2014年モデル(基本的に古いほうが安いから)

ということになりそうです。

特に安さのみを追求するならば2013年か2014年のau製の白ロムが最有力候補です。

(ソフトバンクの古い機種はシャープ製や富士通製のものがほとんどで、今回はDMMVRアプリの保証対象外のためiPhoneに限定しました)

値段調査

今回は値段調査のしやすかったムスビーをつかいました。

その中で比較的安いものを以下に紹介していきます。基準としては最安値で10000円以下でジャンク品ではないものです。

au

2014冬モデル

isai VL LGV31(Android5.0 ジャイロ・加速度センサー有り)

フルHDを超えたWQHDディスプレイが売りです。今回のようなVR用に買うならオススメかもしれません。

isai FL LGL24もWQHDディスプレイ搭載機種ですが、LGL24がメモリ2G、LGV31がメモリ3Gという違いが有ります。

どちらも流通価格は変わらないので、VR専用端末として遊ぶのであればLGV31のほうがよいかもしれません。

ヤフオクで7000円代で落札されていることもめずらしくありません。

2014夏モデル

isai FL LGL24(Android4.4 ジャイロ・加速度センサー有り)

Xperia ZL2 SOL25(Android5.0.2 ジャイロ・加速度センサー有り)

HTC J butterfly HTL23(Android5.0)

2014年までさかのぼれば、人気のXperiaシリーズも10000円以下で手に入ります。

HTC J butterfiy HTL23はジャイロセンサー搭載の情報を見つけることができませんでしたが、オルタナティブガールズというVRスマホゲームのVR推奨機種に選ばれていたので、VR動画を見ることができる可能性は高いと思われます。

参考:推奨端末 | オルタナティブガールズ – オルガル

2014春モデル

G Flex LGL23(Android4.2でOS保証対象外機種でした)

6インチで全体が曲がっているというモデルなのでVRメガネに入るかわかりませんが、ものは良いようです。

2013冬モデル

isai LGL22(Android4.4 ジャイロ・加速度センサー有り)

Xperia Z1 SOL23(Android4.4.2 ジャイロ・加速度センサー有り)

isai LGL22なら状態を選ばなければ5000円以下でも手には入ります。

isai LGL22はワイモバイルのNexus5と兄弟機種です。(詳しくはNexus5の項目で説明しています。)

VR用であったり自宅で遊ぶ用で、画面以外であれば多少傷がついていても問題ないとおもうならお得な機種かと思います。

ドコモ

ドコモ製なので格安シムの多くにも使うことができます。格安シム用の白ロムを安くで探している方にも参考になるかもしれません。

2014夏モデル

Xperia A2 SO-04F(Android4.4.2 ジャイロ・加速度センサー有り)

画面サイズが4.3インチと小さめです。小さめ画面はもう人気がないのでしょうか?

2013-14冬春モデル

Xperia Z1 f SO-02F(Android4.4 ジャイロ・加速度センサー有り)

Xperia Z1 SO-01F(Android4.4 ジャイロ・加速度センサー有り)

GALAXY J SC-02F(Android5.0 ジャイロ・加速度センサー有り)

G2 L-01F(Android4.2でOS保証対象外機種でした)

Xperia Z1 f SO-02Fは画面が4.3インチ、Xperia Z1 SO-01Fは5.0インチです。

GALAXY J SC-02Fはこの時期にはめずらしくメモリが3Gあります。またバッテリーが取り外し可能なので、中古スマホの大きな問題の一つであるバッテリーの消耗が問題になりません。新品のバッテリーがいまでもAmazonで売ってます。

G2 L-01Fはauのisai LGL22、ワイモバイルのNexus5と兄弟機種でスペックもほぼ変わらないのですが、OSのアップデートに対応していませんでした。残念です。

ソフトバンク

上にも書きましたが、ソフトバンクの古い機種はシャープ製や富士通製のものがほとんどで、今回はDMMVRアプリの保証対象外のためほぼiPhone5sしか選択肢はありません。

10000円以下を探すのは少し苦労するかもしれません。

そもそもiPhone5sならどこの携帯キャリアでも大丈夫なので、安くで手に入れられるなら買いです。

ワイモバイル

ワイモバイルはnexus5一択です。

nexus5はAndroid6.0.1までのアップデートが可能で、もちろんジャイロ搭載です。

16GBならヤフオクで10000円以下で落札することはそう難しくありません。

今ではDMM VRアプリはストリーミング視聴に対応しましたが、もし一度端末にダウンロードしてからVR動画を見るつもりの方は32GBを買うことをオススメします。

なぜならNexus5はSDカードに対応しておらず、ストレージ容量を増やすことができないためです。(DMM VRの動画は最高画質の場合一つで2GBを超える物が多いです)

もしNexus5にこだわらないのであれば、兄弟機種であるauのisai LGL22も検討してみてください。

この2機種はLG G2という機種を元にau・ワイモバイル(旧イーモバイル)がそれぞれ開発し直した機種ですので、その基本性能はほとんど変わりません。

  • CPU:Snapdragon800
  • RAM:2GB
  • 解像度:1080×1920 FullHD

これらの性能は同じです。

ですが、auのisai LGL22は

  • ディスプレイ:5.2インチ
  • 内部ストレージ:32GB
  • 外部ストレージ:最大64GBまでのsdxcカードに対応
  • 防水
  • OSアップデートはAndroid 4.4まで

これに対しNexus5は

  • ディスプレイ:4.95インチ
  • 内部ストレージ:16GBと32GBの2種類
  • 外部ストレージ:sdカード非対応
  • 防水機能なし
  • OSアップデートはAndroid6.0.1まで

という違いがあります。

多くの点でauのisai LGL22の方がメリットがありますが、唯一OSアップデートだけNexus5に軍配が上がります。

OSが新しいものに対応している方が長く使えそうだと思い、僕はNexus5を選びました。

下に追記していますが、メルカリで32GBのnexus5を7000円で購入できました。

アプリの動作確認できました!!

VRスマホゲーム推奨端末

今まであげた機種のうち、オルタナティブガールズというVRスマホゲームのVR推奨端末にも選ばれている端末をここに並べておきます。

ゲームで推奨されているものなので、VR動画もストレスなく見れる可能性が高いと思います。

au

Xperia ZL2 SOL25

HTC J butterfly HTL23

ドコモ

Xperia Z1 f SO-02F

Xperia A2 SO-04F

GALAXY J SC-02F

ソフトバンク

(ソフトバンクに限らず)iPhone5s

ワイモバイル

nexus5

白ロムを買う

機種を決めたら最終的には白ロムを買うことになるわけですが、

実店舗でいえば

  • ブックオフ
  • ゲオ

などの古本屋さんがよく白ロムをあつかっていますね。

ネット上で白ロムを買えるサイト

実際には多くの方がネット上で白ロムを購入しているようです。

有名なサイトを以下に列挙しておきます。

メルカリダウンロードはこちら

App Store Google Play

 

メルカリでスマホを探される方へ

下の記事で初回登録時に最大10300ポイントゲットできる方法を紹介しています。

tege.hatenablog.com

追記1:nexus5買いました

メルカリにてnexus5 32GBを買えました。7000円でした。

f:id:kzmsa:20170312214837p:plain

ヤフオクでは落札相場は大体10000円を超えるものなので、送料込み7000円はお買い得でした。

実際に届いたものを見ても状態は悪くなく、非常に満足できる買い物でした。

f:id:kzmsa:20170312141844j:plain

当初の目的であるDMM VRアプリもしっかり動きました!nexus5ならアプリが動く事を確認できました。

ただし、高画質での再生では動画再生が少しひっかかることがありました

そう考えるとDMMVRアプリの要求するスペックは想像以上に高いのだと思います。

メルカリは激安で買えることもある

今日は元記事を書いてから6日経っていますが、実はその間ヤフオクにも挑戦したのですが、要領が悪いのか落札を何度か逃してしまいました。

基本的にはメルカリよりもヤフオクのほうが全体的な相場は安いような気がします。

しかし、出品者と交渉することにより、こうして相場を大きくしたまわる値段で購入できることもあるのがメルカリです。

安くて良いものはすぐに買われてしまいますが、運と頑張り次第で激安で目的のものを手に入れられます

また、よほど大きなものや重いものでない限り、メルカリは基本的に送料込みで売っています。

ヤフオクは落札金額+送料を払うことが多いですが、メルカリは送料分も節約できます。

メルカリで安く手に入れる方法

ここで、軽くですがメルカリで安く物を買うコツをお教えします。

出品者と値段交渉する

欲しいものがあったら出品者と交渉して安くできないか聞いてみましょう。

この時、「◯◯円なら即購入します」とか「明日までには支払えます」とか一言添えると値段交渉にのってくれる可能性が高まります。

ただし相場より安かったら素直に買う

常識はずれの値下げ交渉は相手にされないことがほとんどです。

また、少しでも安く買いたい気持ちはわかりますが、「あと200円!」とか本当に細かく値切っている人をたまにみかけます。

相場よりも安くなっているのなら、あまり細かい値下げ交渉はせずに購入にふみきるほうが結果、安くで買える機会を逃しません。

専用にしてもらう

メルカリ特有の文化ですが、専用という用語があります。

値段交渉をしてひとまず取り置きにしてもらうことを専用にするというのです。

支払いまでに時間がかかるようであれば他の人に買われないように、できれば専用にしてもらいましょう。

やり取りをするのに遠慮しない

身もフタもありませんが、とにかく出品者とやり取りしましょう。

商品の状態はどうなのか、もう少し安くできないのか何でも聞きましょう。

納得して良いものを買うためには必要なことです。

頻繁にやりとりできる文化はヤフオクにはないものなので、どんどん活用しましょう。

 

以上のことを実践すれば、ヤフオク相場よりも安くで購入できると思います。

メルカリダウンロードはこちら

App Store Google Play

メルカリでは新規登録時に招待コード「RVVJKP」を入力すると50~10000ポインが当たるくじ引き券がもれなくゲットできます。

相手との交渉なしにさらに最大10000お得に買えるチャンスです。

下の記事ではくじ引き券をゲットしてさらに追加で300ポイントゲットする方法を紹介しています。

tege.hatenablog.com

追記2:Xperia XZでの動作を確認しました

先日、ワイモバイルからソフトバンクにMNPしました。

tege.hatenablog.com

その際に契約した機種がXperiaXZになります。

発売時期は2016年11月ですので、まだまだ一線級の機種といえます。発売当時はXperia史上最高の機種ともいわれたものです。

簡単なスペックは

  • Android 6.0.1搭載
  • CPU:MSM8996 2.2GHz/1.6GHz(クアッドコア)
  • RAM:3GB

と、どこに出しても恥ずかしくないスペックです。

最高画質での再生

このXperiaXZでDMM VRアプリの最高画質で再生してみました。

Nexus5ではたまにカクつくことがありましたが、XperiaXZではどうだったかというと

XperiaXZでもやっぱりたまにカクつく

Nexus5の時よりは少し引っかかる頻度が少ないような気もしないではありませんが、やはりたまにカクつきます。

このスペックでカクつくということはスマホスペックの問題ではなく、もしかしたらアプリ側の処理の問題なのかもしれません。。。。

なのでこれからDMM VR専用にスマホを調達しようと思っている方は、無理して超ハイスペックスマホに手を出す必要はないと思われます

どちらにせよカクつくので(笑)

(ただし、他のVRゲームにも使うつもりであるのなら間違いなく最新機種がベストです)

追記2ここまで。

 

以上、『DMM VRが再生できない!|DMMVR動画を見る用のスマホを探してみた』でした!