てげ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てげ

幅広く70点を積み重ねて生きていく。てげてげにね。

3Gクレカなし1000円台ドコモMVNOは結局BIGLOBEしかなかったという話

クレカの必要ないドコモMVNO(4月24日現在)

クレジットカードの必要ないドコモMVNOは調べた範囲では

  • BIGLOBE LTE・3G
  • So-net モバイル 3G および So-net モバイル LTE
  • ぷららモバイルLTE
  • Tikiモバイル LTE

があります。


クレカ必要なしを確認できるページ

BIGLOBE LTE・3G
参考:口座振替(クレカなし)でドコモMVNOの【BIGLOBE LTE・3G】申し込み実況 その1 - てげ!

So-net モバイル 3G および So-net モバイル LTE
参考:So-net 会員サポート | So-net の支払い方法について知りたい
参考:お支払い方法について | So-net

ぷららモバイルLTE
参考:お支払い方法|お申し込み|ぷらら

Tikiモバイル LTE
参考:Tikiモバイル LTEライト - TikiTikiインターネット

ぷららモバイルLTE

2014年4月24日から新規提供開始のプランがクレカありなし関わらず、トップレベルのコスパです。


画像引用元:料金プラン|ぷららモバイルLTE|ぷらら

この定額ライトプランはOCNモバイルONEと同じ内容です。これは1日あたり高速通信が50Mまでという制限があり、そこから通信速度が低速化しますが、それ以上の制限はないためラジコ等の一日中流しっぱなしユーザーに人気の形式です。

そしてさらに、ぷららの場合これにおまけでひかりTVがついてきます。


画像引用元:ぷららモバイルLTE|ぷらら

今後の通信速度の報告にもよりますが、ドコモMVNOでIIJmioと双璧をなすのはこれからはOCNではなくぷららかもしれません。

ただし

ぷららモバイルLTEの利用には、LTE対応のデータ端末が必要です。LTE対応端末以外ではご利用いただけませんのでご了承ください。
via:ご注意事項|ぷららモバイルLTE|ぷらら

つまり、FOMA端末じゃ使えません。残念。。。。未練タラタラでいっぱい説明しちゃった。

So-net モバイル 3G および So-net モバイル LTE

この内、口座振替手数料込み1000円台で使えるのは「So-net モバイル LTE ライトプラン」の方です。これは3G端末でも使えるようです。

LTEエリア外、3G端末でのご利用時には3Gでの通信となります。
via:高速モバイルサービス・データ通信コース プロバイダ・インターネット接続 | So-net

ただし、これ一年縛りです。


参考:So-net モバイル LTE (データ専用) | サービス一覧 | インターネット接続 | So-net

といっても解約金3000円なんですけどね。

あと、SMSオプションの説明がどうしても見つからないので、多分ないと思います。(+Talkの方だとSMS対応しているようです。)SMSを付けれればセルスタンバイ問題への対応や、各種登録に便利なので残念なところです。

でも、自宅の回線がSo-netだったりする方は200円安くなるので、一考の価値ありです。

Tikiモバイル LTE

プランは3種類です。


画像引用元:Tikiモバイル LTEライト - TikiTikiインターネット

このなかで選ぶとしたらタイプDだと思いますが、内容的には劣化版ぷららモバイルLTEと言った感じです。また、クレカ無しの場合は年契約になるのですが、年契約だとSMSオプションがつけられません。この点はSo-netと同じく残念なところかと思います。また、最低契約期間が3ヶ月あります。

ただし、あまりメジャーじゃないMVNOは利用者が多くないので、ピーク時(昼休み等)に回線が混みあうといったことを回避できる可能性があります。前述のセルスタンバイ問題も、もともとセルスタンバイ問題が起きにくい機種を使うとか、モバイルバッテリーを用意するとか対応できなくもないみたいです。

何事も一括払いがいいという方は少なからずいると思います。一括支払は新しいことへの柔軟性には乏しいですが、逆に考えれば、少なくとも一年間はMVNOの情報入手に追われずに済むとも言えます。

とにかくTikiモバイル LTEは利用者の情報が少ないため情報を入手することが困難ですが、一括支払いに魅力を感じられる方は一考の価値ありです。

BIGLOBE LTE・3G

今までの3つのMVNOと比べるとBIGLOBEは

  • 3G端末OK
  • SMSオプションあり
  • プランの変更可能
  • Wi-Fiスポット付き
  • 最低契約期間なし(違約金なし)

となり、庶民の味方であることがわかります。

MVNO利用者は「外出時はそこそこのことができれば良い」というユーザーがほとんどでしょうから、初期費用である端末代金も抑えたいところです。その点、今はLTEへの移行時期ということもあり、高性能な3G端末がお値打ち価格で手に入ります。また、単純に使えればいいということであれば、本当に安価に3G端末は手に入れることができます。

公式ホームページに対応端末一覧が載っていますが、ここを参考に機種を探せば安心ですね。
参考:「BIGLOBE LTE・3G」動作確認端末一覧/設定方法:BIGLOBE会員サポート

3Gクレカなし1000円台

ということでかなり限定的にはなりますが、3Gクレカなし1000円台MVNOはBIGLOBE一択ということがわかっていただけたかと思います。

早く書類来ないかな。。。

関連記事

口座振替(クレカなし)でドコモMVNOの【BIGLOBE LTE・3G】申し込み実況 その1 - てげ!