てげ

てげ

幅広く70点を積み重ねて生きていく。てげてげにね。

Xperia XZs/XZ/X Compact/X Performance・Huawei P9 Lite|Amazonで買った実質180円の激安クリアハードカバー(フィルム付)レビュー

前の記事で紹介したAmazonで見つけた激安クリアハードカバー(なんとフィルム付き)が届いたのでそのレビューです。

480円でプライム会員なら送料無料です。

商品ラインナップは

  • Xperia XZs
  • Xperia XZ
  • Xperia X Compact
  • Xperia X Performance
  • Huawei P9 Lite

があり、全て同じ値段でした。

値段・商品ラインナップ・在庫は全て2017/08/02時点の情報です。実際の値段はAmazonでご確認ください。)

さらに記事後半に書いてますが、嬉しいことに今の時点で300円のアマゾンギフト券をもらえるキャンペーンをしていました。(記事執筆時点でのことですので、確実にやっているかどうかは保証できません)

実質

180円

で買えたことになります。

んー、すごいコスパだわ。

このクリアカバーはフィルム付きながら、他のフィルム単体よりも安いという驚異的な価格で売られています。

果たしてその品質やいかに!?

届いた商品の画像

外箱

f:id:kzmsa:20170802173358j:plain

すごくちゃんとした箱に入ってきました。

激安だったので透明ビニールくらいの包装を予想していました。プレゼントとしても通用するレベルの外観です。

内容

f:id:kzmsa:20170802181136j:plain

  • 本体のクリアハードカバー
  • フィルム2枚(スマホの画面と背面それぞれ1枚ずつ)
  • マイクロファイバークロス
  • ホコリ除去シール
  • 商品説明などの用紙3枚

かなり充実の内容です。

この商品一つでとりあえずスマホを保護するためのツールは全て揃います。

フィルムを貼ってみる

用紙に貼り方の丁寧な説明があるので、それを参考にしてみます。

f:id:kzmsa:20170802180015j:plain

ちなみに文章は全てちゃんとした日本語でした。たまに明らかに日本人が書いてないんじゃないかっていう説明文とかありますよね(笑)

フィルム貼りはお風呂場がベスト!って書いてありますが、ごめんなさい今回は普通に部屋でやりました。

使うものは2つ

f:id:kzmsa:20170803154621j:plain

つまり、マイクロファイバーでよーく拭いて、細かいホコリをホコリ除去シートで確実に取っていくという作業ですね。


スマートフォン【液晶保護フィルムをキレイに貼る方法】

動画で見るとこんな感じ。地味な作業ですが、丁寧にやるとその仕上がりが全然違います。

前面

f:id:kzmsa:20170803163703j:plain

フィルムの幅は本体よりもかなり狭めになります。

というのも、XperiaXZの本体は角が曲面にできていて、普通のフィルムでは貼りついた状態を維持するのが難しいようです。

曲面部まで覆う商品も出ていますが、使っているうちにそこからフィルムが浮いてくるなどの弊害がレビューで見られたので僕はそのフィルムは買いませんでした。

どちらにせよフィルムのみではなくクリアハードカバーもつけることになるので、これで十分かと思います。

背面

f:id:kzmsa:20170803164610j:plain

なぜか背面のほうがものすごくきれいに貼れてしまいました(笑)

背面はクリアハードカバーで覆ってしまうのであんまり意味ないんですけんどね。

でもきれいに貼れると気持ちいいものです。

ホコリ除去シート

付属のホコリ除去シートがものすごく使いやすかったです。

今までは上記の動画のようにセロハンテープでホコリ除去をしていたのですが、セロハンテープだと粘着力が強すぎてやりずらいんですよね。

その点、付属のホコリ除去シートは適度な粘着力に抑えられていてよく考えられているなぁと思いました。

クリアハードカバー

最後にクリアハードカバーをつけてみます。

付ける前にスマホ背面とクリアハードカバー内面をマイクロファイバー布でしっかり拭いておきましょう。

前面

f:id:kzmsa:20170803170528j:plain

どうしてもフィルムとカバーに隙間はありますね。

ここは妥協するしかないかな。

背面

f:id:kzmsa:20170803171616j:plain

握ってみると結構指紋がつく印象です。

側面

f:id:kzmsa:20170803172330j:plain

右側面のボタン部分は全てむき出しです。ですので、電源ボタンによる指紋認証に支障はありません

左側面は全面覆われています。

上下面

f:id:kzmsa:20170803172555j:plain

上面も下面も全てむき出しです。

スマホ本体の角までは覆われているので万が一の落下の際には守られると思われます。

ですが、防御力の弱さは否めないですね。

300円分のアマゾンギフト券

この商品を買って指示通りにすると300円分のアマゾンギフト券が送られてくるそうです。

詳しいことは同封の用紙に書いてありましたが、ここでその内容についての言及は避けます。

買った人全員に届くものかどうかも分からないので。

アマゾンギフト券が手に入ったらまた追記したいと思います。

届きました

f:id:kzmsa:20170804094420p:plain

ちなみにこれはこの商品の会社が独自にやっているキャンペーンなので、Amazonに問い合わせても何も答えてもらえないので注意です。

コスパはとても高い

今回、間に合わせのつもりで注文しましたが、かなりコスパの高い商品でした。

ちゃんとしたものを買うまでもつなぎでも良いと思います。

またハードカバーは壊れやすいので、壊れたら買い換える前提で使っていくのにも最適な商品だと思います。

アマゾンでの評価も高いですし、クリアハードカバーを探している方におすすめです。

以上、『Xperia XZs/XZ/X Compact/X Performance・Huawei P9 Lite|Amazonで買った実質180円の激安クリアハードカバー(フィルム付)レビュー』でした!!!

XperiaXZ用のスマホカバーを探したよ。USB Type-Cのケーブルは100均で調達しました。

XperiaXZを使うことになったので、それ用のスマホカバーを探しました。

初めてのエクスペリアなのでちょっとウキウキしています。

でも、現状はこんな感じ。

f:id:kzmsa:20170801175201j:plain

かわいそうなXperiaXZ(ミネラルブラック)

オシャレさの欠片もありません。

ということでXperiaXZ用のスマホカバーをアマゾンで注文することにしました。

充電ケーブルが刺さらない!

スマホカバーもそうなんだけどいきなりビックリしたのが充電ケーブルの挿し込み口の形が変わってたこと。

今ままでもアンドロイドスマホを使ってきてたので流用できるとばかり思っていたのに、いきなりUSB Type-Cとかいうやつに変わってました。

差し込み口の上下がなくなってどっちからでも挿せるようになったんだって。

たしかに便利だけどウチにはそれがない。

困った。

ということで間に合わせ用に近所の100均を巡りました。

ちなみに充電器はアマゾンのこれのホワイトを愛用しています。たくさん挿せるからタブレットとスマホを同時に充電できるし、来客時にも喜ばれる一品です。

セリアで発見!

最初に行ったのはダイソー(のちっちゃい店舗)だったんだけど、残念ながらUSB Type-C用の充電ケーブルは売ってませんでした。

次に行ったセリアで発見しました。

f:id:kzmsa:20170801182410j:plain

ついでにバンカーリングもどきも購入しました。

充電ケーブルは50センチってのがちょっと使いづらそうだけど、とりあえずは間に合わせです。

手帳型にするのか問題

新しいスマホにする時に必ず開かれる脳内会議が

スマホカバーを手帳型にするのか問題

です。

防御力

背面を覆うだけのカバーと手帳型を比べると確実に手帳型のほうが防御力は上だと思うんです。

僕は基本的に携帯会社の提供する保証パックには入っていません。

実際に今までスマホを壊したことはないので、今もこれからも必要ないと思っています。

しかし今回はあのXperiaシリーズなんです。壊れたら悲しいし、修理できないまま使うのも悲しいのです。

だったらスマホカバーで防御力を上げておけばいいのじゃないか?

でも防御力と比例するのがカバーのゴツさ。かさばるんですよね。

薄くて軽くて磁石のない手帳型

そうなってくると手帳型ながら薄くて軽いものを探す必要があります。

あと、今まで手帳型を敬遠してきた理由の一つが磁石だったので、磁石なしのものを探しました。

僕が探した中では候補は2つです。

ソニー純正 SCSF10

f:id:kzmsa:20170801184013p:plain

Xperia XZ Style Cover Stand SCSF10
引用:Xperia(エクスペリア)XZ Style Cover Stand SCSF10 | ソニーモバイル公式サイト

ソニーが純正のXperiaXZ用手帳型カバーを出しています。アマゾンではもう売り切れていますが、レビューによると「薄くて軽くて磁石なし」という僕の希望を満たしてくれているようです。

さらにカバーを開けただけで画面がONになるのはこのケースだけです。

今ではソニーストアでもミネラルブラックの在庫がなくなっていました。有力候補だっただけに残念です。

アマゾンで見つけた薄いやつ

アマゾンで探した中で薄くて軽くて磁石なしを満たしたのがこれでした。

ソニー純正にはついていないICカード入れがついてるのもポイントです。

色んなショップから販売されていましたが、僕が探した中では上記画像クリックからいけるショップが一番安かったです。アマゾン内でも同じ商品で値段が違うことはよくあることですからね。

普通のスマホカバー

手帳型じゃないスマホカバーってなんて表現すればいいんでしょうね。

背面を覆うだけのタイプです。

XperiaXZはスマホそのものに高級感があるので、僕としては透明なものが良いかなと思います。

アマゾンの激安クリアケース

そんな中見つけたのがこれ。くっそ安い

アマゾンで買うのが一番安いと思います。

何がすごいってこの値段でさらに画面用のフィルムまでついてるところです。

他のフィルム単体で買うよりも安いので、とりあえずポチりました。

カバー自体も硬いので防御力という面では非常に低いと思います。でもフィルムがついてるので、悩んで日にちが経つよりもとりあえず間に合わせで注文しました。

フィルムだけ使って、カバーは他のにしてもいいわけですからね。

柔らかいやつ(TPU)

スマホカバーでよく使われてる柔らかい素材をTPUと言うそうです。

背面だけ覆うタイプのカバーでは硬いものよりTPUを使った柔らかいもののほうが多少防御力が高いと思います。

透明タイプでTPUのもののなかで僕が目をつけたのがこれです。

XperiaXZ自体の高級感も見えつつ、他のスマホカバーと差別化できる。そんなデザインだと思います。

あとね、くっそ安い(またそれか)

カバーって安さも重要なファクターだと思うんですよね。壊れてたり色あせたりしてもすぐに交換できるって大事じゃないですか?

単に飽きたら交換するでもいいわけですし。

特にTPU素材のクリアカバーは紫外線で黄ばんでくるそうなので、気軽に交換できると良さげです。

ちなみにこのスマホカバーはベルリンから届くのでちょっと時間がかかります。

これも当然ポチりました。

総括

結局まだ手帳型は注文してませんが、くっそ安いカバー達の状態を見て多分注文することになると思います。

くっそ安いカバーたちもまだ手元に届いてない状態なので、届き次第レビューをアップできればと思っています。

 

以上、『XperiaXZ用のスマホカバーを探したよ。USB Type-Cのケーブルは100均で調達しました。』でした!!!

中古Chromebook購入の予想外リスク|メルカリで管理ドメイン付のChromebookを買ってしまったお話

Chromebookはスペックが低くても使えるから、中古Chromebookでも十分使えるだろう。そう思っている時期が僕にもありました。

もちろん経年劣化や使用に伴う劣化のリスクがハード自体にはあります。

でも、まさかこんな状態のChromebookが売られているとは。。。。

Chromebookは教育向けでもある

安価なChromebookはグーグルが教育向けにも推進しています。特にアメリカではその傾向が顕著です。

www.itmedia.co.jp

上の記事はChromeOSの話ですが、やはりそこは安価なChromebookありきの話だと思います。

このことはChromebookに興味がある人は何となく知っていることでしょう。

僕もChromebookを調べていく中で教育向けにも提供されている事は自然と知ることとなりましたが、それはアメリカや海外の話だとばかり思っていました。

でも実は日本でもChromebookを生徒向けに使っている学校があるようです。 今回はその日本の教育向けに使われていた中古Chromebookを買ってしまった。そんな経験談です。

Chrome for business and education

教育機関向けのChromebookはその管理を管理者(学校の先生)がかなり細かいところまでできます。

  • ログインできるアカウントの制限
  • 入れるアプリの制限
  • 初期化の制限

などなど

詳しくはこちらを

そして僕が購入したのがまさにこれで、さらには管理されたままの状態のChromebookだったのです。

購入場所はメルカリ

最近はメルカリの勢いがすごいですね。出品数もヤフオクに迫る勢いな気がします。

なによりメルカリは個人出品が多いので(もちろん明らかに業者さんもいますが)、値段交渉次第ではかなり安くで欲しいものが手にはいります。

ある日、ふとメルカリでChromebookを検索していると、Chromebookの名機ASUS製のChromebook Flipが20000円で出品されているのを発見しました。

出品者によると学校で1年間使用していたとのことでした。

この時はまだ僕は日本の学校でもChromebookが教育向けに導入されていることを知らなかったので、きっと大学生が使っていたのだろうと思っていました。

動作確認も問題ないとのことでしたので、そのまま購入しました。

商品到着したけど、、、あれ?

ほどなく出品者からChromebookが発送され、僕の手元に到着しました。

初めて触るChromebookにウキウキしながら、最初のアカウント入力画面に自分のグーグルアカウントを入れたのですが、、、あれ?入れない。

そして何か嫌な感じの一行が

f:id:kzmsa:20170801134801j:plain

f:id:kzmsa:20170801140158j:plain

このChromebookは誰かに管理されている!!

色々検索した結果Chromebookを使っている高校が日本にも有ることがわかり、出品者に確認したところやはり高校で使用していたとのことでした。

このChromebookはもともとの使用者本人しかログインできないようになっていました。

つまり、この状態でこのChromebookにログインできるのは世界で出品者ただ一人ということです。

(学校という場で多くの生徒が同じ種類のChromebookを使うため、一つのChromebookに誰でもログインできる状態だとどれが誰のChromebookかわからなくなりますもんね。)

 出品者にはそのような制限が加わっていることを伝え、今回は残念ながらキャンセル扱いにしてもらいました。

Chromebook中古購入にも注意が必要

今は超低スペックパソコンであるLenovo G500をCloud readyでChromebook化して遊んでいます。

tege.hatenablog.com

記事にしたのが2014年なので、もう三年前のパソコンなんですね。。。それでもChromebook化したらサクサクになるんですからすごいです。

その使い心地に満足しているからこその今回のChromebook購入だったのですが、予想外の失敗をしてしまいました。

Chromebookの中古を買う場合も色々と注意が必要なんですね。

 

以上、『中古Chromebook購入の予想外リスク|メルカリで管理ドメイン付のChromebookを買ってしまったお話』でした!!!

 

 

そんな中、先日こんなニュースが

japan.cnet.com

あー、これは買えってことかなー

買えってことだわー

買うかー